試合の中で1本も攻撃されない、

とんでもない試合方法とは?

 

「卓球 画像 フリー 」の画像検索結果

 

普通の人とはちがう非常識な卓球!

この方法は、普通でない人が考えつく方法かもしれません。

この試合方法は、スマッシュ技術の高い選手でない限り

試合に勝つことは無理な方法であることを伝えておきます。

 

でも、あなたが負け続けているライバルにどうしても

勝ちたいときには、使う価値がある戦術であると思います。

 

実際、私も1試合を通じて実践したことはありませんが、

ここ一番でポイントが欲しい時はこの方法をします。

 

しかしながら効果の程は分かりません。

小心者なので申し訳ありません。

 

この方法は、サーブ側であれば3球目、5球目、7球目

攻撃を確実にスマッシュでポイントを取ることです。

 

3球目で打てなかった場合には絶対に相手に

打たれないようなボールを返さないといけません。

 

その3球目は5球目をスマッシュするための

ボールとして返球しなければなりません。

ここからが大変です、レシーブ側から相手に

攻撃させないようにするのですから。

 

もしも、あなたがこの方法を実践することができたなら、

きっと世界チャンピオンに成ることができるでしょう。

 

ですから、この方法をぜひとも身につけてください。

 

オールフォアでオールスマッシュ!

 

「卓球 画像 フリー 」の画像検索結果

その方法とは、 相手のサーブが長い場合は

すべてフォアでスマッシュしていくことです。

 

この攻撃をするためには、まず、フットワークが必要です。

 

それも、オールフォアのフットワークが必要になります。

さらに、相手のサーブの種類を見極める能力も必要となります。

 

短いサーブの場合は、ストップで相手に

ツッツキをさせて4球目を攻撃します。

 

相手のツッツキが短かったら、さらに

もう一度ストップをして6球目を攻撃します。

 

相手のストップがネット前で尐しでも浮いたら、

台上で思い切ってスマッシュを打ちましょう。

 

この方法には、すばらしいオールフォアの

フットワーク、台上のストップレシーブ技術、

確立100%のスマッシュ技術、とても難しい

台上でのスマッシュ技術と相手のボールを

素早く見極める洞察力と攻撃する判断力が

必要とされる大変高度な方法です。

 

ですから、あなたも世界チャンピオンになれるのです。

 

相手が驚く戦術を使う!

 

「卓球 画像 フリー 」の画像検索結果

 

あなたに伝えたいことは、このような試合方法

(戦略)もあるということです。

 

すなわち、あなたが勝ちたいライバルと対戦して

どうしてもポイントが欲しい時に、この戦略を

試合に取り入れて勝利してください。

 

あなたが、嫌いなサーブが長かった場合には

思い切ってスマッシュレシーブで、

相手をビックリさせてやりましょう。

 

高速ツッキをマスターする!

 

レシーブでストップ処理を説明しましたが、

もうひとつは早いタイミングでのツッツキです。

 

高速のツッツキと思ってください。

この高速ツッツキは相手の攻撃を防ぎ、

逆に攻撃に移ることができます。

もうひとつは、相手の下回転のサーブに対して

サイド回転を掛けたツッツキで返球すると、

相手がツッツキした場合にはボールが浮い

て来るのでそのボールを狙ってスマッシュ攻撃をします。

 

是非とも、練習して試合に取り入れてください。

 

あこがれの選手と対戦して、相手の嫌がる

顔を見る楽しい試合方法とは?

 

「卓球 画像 フリー 」の画像検索結果

憧れの選手と対戦することは大変嬉しいことなのですが、

=負けにつながるということになります。

 

でも、試合である以上は少しでもポイントを

取って長く試合を続けたいものです。

 

そのためには、あなたはいつも通りの

試合運びをしていてはすぐに負けてしまいます。

 

そうなのです、あなたは今までと違った試合

をしなければならないのです。

 

そうでなければポイントを取ることは出来ません。

 

そのために、私が今までに書いた方法や

この後に書く練習方法を試して技術を磨いてください。

 

試合に勝つにはいつもと違う戦術を使う!

一番良い方法は、先程お話しした1本も

攻撃されない卓球をすることです。

 

そして、練習方法のところでお話する

ナックル系のボールを多用することです。

 

さらに、相手の嫌いなサーブからの攻撃をすることです。

 

あなたの卓球スタイルが急に変わることで、

憧れの選手が驚くような試合の流れにしてしまうのです。

 

 

長いサーブがきた場合には、思い切って

スマッシュを打ってみるのです。

 

 

決まればあなたは喜び、相手はショックを

受けると思います。

 

 

サーブをいきなり2球目攻撃されれば、

誰だってショックを受けますよね。

 

このような思い切った方法を使うことにより、

相手の選手に精神的ダメージを与え相手の

攻撃リズムを狂わせることも目的のひとつに入っています。

 

また、バック対バックになったときには

自分からナックル系のボールを返球してミスを誘うようにします。

 

これも、ラリーの中で相手に嫌な思いをさせることが目的です。

 

そうなのです、憧れの選手があなたと対戦して、

あなたを「嫌がるような」卓球をしようというものです。

 

これができるようになれば、きっと多くの選手があなたの

ことを「やりにくい選手だ」と言われるようになると思います。

 

相手はあなたと対戦する前から精神面で負けているのです。

 

私は、是非あなたにこのような多くの選手に

「やりにくい」と言われるような選手になってもらい、

大会で活躍していただきたいと思います。

 

 

少しでもお役に立てると嬉しいです。