嫌いなカットマン対策 7.8! 考える卓球

「卓球 画像 フリー 」の画像検索結果

 

その7

カーブドライブ式カット打ちでの戦い方!

 

「卓球 画像 フリー 」の画像検索結果

 

 

このカーブドライブもワイパードライブと

同じようにメルマガや動画でお伝えしている

打ち方になります。

 

 

ワイパードライブはどちらかと言うと体の正面

でボールを捉えるドライブになります。

したがって、ボールの軌道はシュート回転に

なります。

 

 

シュートドライブはボールが高い位置で打つ

方がよく入ります。

なぜなら、打点を落としてドライブを掛けると

たぶんボールはネットミスをすると思うので

注意してください。

 

 

たとえばよくわかると思うのですが、野球の

ピッチャーがシュートボールやカーブボールを

投げる姿を想像してみてください。

 

 

その時、シュートボールを投げる時にボールを

離す位置はどこになっていますか?

 

 

たぶんですが、腕が伸びきる寸前に手首を外側

にひねって投げていると思います。

 

 

逆にカーブボールはもう少し腕が曲がった状態

で手首を内側にひねって投げていると思います。

 

 

これと同じように卓球のカーブドライブも

シュートドライブの打点より遅くした膝あたり

でドライブを掛けるとカーブドライブを打つ

ことができます。

 

 

カーブドライブは打点を落として打つので、

ラケットの面を少し受けるように調整して

ボールのお尻あたりを擦ることができるので、

空振りする心配がなくなり力を抜いて打つこと

ができると思います。

 

 

カットマンと戦うときに一番大事なことは、

カットマンが返球するカットボールに対して

力を抜いてゆったりと返球することです。

 

 

このことは、とても強いカットマンの先輩から

聞いたことなので本当です。

 

 

右利きの選手は、相手のフォア側にこのカーブ

ドライブを打って相手をコートの外側に出して

バック側に攻める戦い方をするといいと思います。

 

 

もう1つは、相手のからだ正面に曲がるように

カーブドライブを調整して打つ戦い方もよいと思います。

 

 

なぜなら、カットマンの選手も攻撃マンの選手

も同じですがシェークハンドの選手はからだの

正面に来るボールは苦手なとしているからです。

 

 

カットマンの選手は、回転量の少ないドライブ

も苦手なボールですがカーブドライブのような

曲がるドライブも苦手なボールだと思うので、

普段は使わなくてもカットマンと戦うときに

だけでもカーブドライブをオススメします。

 

 

最後にカーブドライブのラケット角度は、高く

返球されたカットボールに対して押さえ込む

ように打つことのできるのでチャンスボールの

オーバーミスを減らすことができます。

 

 

私はこのカーブドライブができるグリップで

先輩カットマンと試合をしますが、低いカット

でも高いカットでも力を抜いてドライブを使い

分けることができるのと、チャンスボールは

思い切りスマッシュすることができるように

なりカットマンとの対戦が楽しみです。

 

 

フォアドライブが苦手なあなたは以前に話した

ワイパードライブでも今回お話ししたカーブ

ドライブを試してみて、あなたに合ったほうの

ドライブを身につけて今よりも上達してください。

 

 

 

その8

上回転ロングサービスを使って攻める戦い方!

 

「卓球 画像 フリー 」の画像検索結果

 

 

この上回転ロングサービスを上手く使う友達の

戦い方をご紹介したいと思います。

 

 

友達はシェークハンドですが、オールフォアで

ドライブ攻撃を得意としております。

 

 

彼は対戦相手が攻撃マンであってもカットマン

であっても、フォアからのロングサービスを

使って戦います。

 

このロングサービスは、よく言われるところの

しゃがみ込みサービスです。

 

 

でも、回転量がハンパなく多いのと下回転と

横回転の区別がつかないようです。

 

 

ある上手な攻撃マンの選手との戦いを観戦した

ときの話ですが、ゲーム開始から使っている

フォアサーブですがフルゲームになっても、

回転量が多すぎるためか回転がわからないのか

わかりませんが、上手なカットマンがなかなか

取れないで悩んでおりました。

 

 

返球することはできても、そのボールを強打

される始末で手に負えないと言う状況でした。

 

ットマンは攻撃マンとは違いラケット面を

上に向けながらボールを切って返球する打法を

中心とする戦型です。

 

 

だから、サーブボールの球質は上回転のサーブ

がよいと思います。

 

 

この友達はフォアの上回転ロングサーブだけで

何点も取ることができるので、試合においては

とても有利であると思います。

 

 

カットマンが苦手でカット打ちができない人は

私の友達のようにしゃがみ込みサーブを覚える

ことが勝つための近道だと思います。

 

 

私も最近カットマンの選手と戦いますが、この

友達のサーブとはいきませんが見よう見まねで

短い上回転サーブを出すと相手のカットマンは

突いてオーバーミスをします。

 

 

あと、一番気をつけなければならないことを

お伝えしたいと思います。

 

 

それは、いくら素晴らしい上回転系のサーブを

出してチャンスボールを作ったとしても、その

チャンスボールをスマッシュして相手コートに

決めなければなんの役にも立ちません。

 

 

でも、私と同じような悩みを持っている選手は

このカットマンの高いチャンスボールを決める

ことができないのですよ!

 

 

試合中にこのチャンスボールをスマッシュする

ことはできますが、入らない方が多いのです。

 

 

その原因はカットマンが返球するボールの回転

を見極めることが正確にできないからです。

 

 

このようなチャンスボールの打ち方は佐藤利香

さんの解説にもありますが、私が最近よくする

先輩カットマンとの練習から佐藤利香さんに

教わった打ち方がなんとなくわかりました。

 

 

そのポイントをお話しして終わります。

 

そのカット打ちのポイントとは?

 

カットマンから打ちたくなるようなボールが

返球されてきたとします。

 

私の今までの打ち方は顔の前あたりで

打球しておりました。

 

そのために、ネット前であろうと台の真ん中で

あろうと、まともに良いスマッシュを打てる

ことは少なかったです。

 

ほとんどはネットに掛かったり、オーバーミス

をしたりしておりました。

 

でも、先日の先輩との練習ではチャンスボール

が深くても、浅くても、ネット前でも、あるコツ

をつかんだおかげで連続してスマッシュする

ことができるようになったのです!

 

本当に嬉しかったですね〜!

 

そのカット打ちのコツとは?

 

カットマンが返球するカットボールは伸びる

ボールではなく戻りはしませんが伸びて来ない

ボールということを頭に叩き込んでください。

 

だから、ボールが自分のコートに落ちる場所を

予測してその場所にあなたの顔を落ちる前に

持って行きタメを作ってスマッシュする!

 

すなわち、カットボールが落下してから戻る

ボールを先に体を前に移動させて待ちながら

そのボールを打つイメージになります。

 

書いている私もわかりにくいです。(泣)

分かっていただけたら嬉しいです。

 

これが、佐藤利香さんから撮影中で教わった

カットボールの打ち方でした。

 

ぜひ、参考に練習してあなたの武器にしてください。

 

【まとめ】

 

カットマンには、上回転、横回転のサーブが有効です!

 

高く返ってきたチャンスボールのスマッシュは

自分のコートに落ちる場所に顔を先に持って

行きタメを作ってスマッシュする!

 

以上で終わります。